Dr.DMATの原作者は高野洋!漫画の内容は?問題作を描き続けている?

Sponsored Link



原作者


Dr.DMATの原作者についてなのですが、
高野洋さんが原作者のようですね!
原作の方は、人気のある漫画を
多数描いていらっしゃるみたいで、
現在はツイッターなどもされているみたいですね。

 

Dr.DMATの内容は?

 

医療漫画の中では、かなりのヒットを
記録しているということです。
最近は、医療ドラマが
増えてきているような感じがしますが、
この漫画は、普通の医療ドラマとは少し違っているようです。
災害医療のスペシャリストが集まって、
患者一人一人を治療していく・・・
という物語展開となっていて、
かなり緊迫した様子が描かれているということですよ。
ですので、テレビドラマの方は、
1話、1話が息を呑むような展開となると言われています。

 

 

 

問題作を描き続けている?

 

原作者2

 

どうやら、高野洋さんは
「次々と問題作を描き続けている。」
ということでかなり面白いマンガばかりを生み出している方のようですね!
ここまで、注目度の高い漫画ばかりを
生み出し続けるということは、そうそう簡単にできることではありません。
それだけに、今回のDr.DMATの
実写ドラマ化は大いに期待が寄せられていることでしょう。

原作者3
問題作を描き続けるために、
硬派に立ち向かい続けていらっしゃるということです。
この硬派な姿勢に感化されている人達も
かなり多くいらっしゃるみたいで、
漫画家としてかなり人気が高いみたいですよ!
全体的に、高野洋さんの
漫画に対する評価はかなり高いみたいですね。
一度も、高野洋さん原作の
漫画を読んだことがないというような方は、
「グランドジャンプPREMIUM」などの雑誌を読んでみてはいかがでしょうか?
コミックスなども販売がされていると思いますし、
今回の実写ドラマ化をきっかけにファンがもっと増えるような気がしますね。
この「Dr. DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」は、
実写ドラマ化を待ち望んでいた人達がかなり多いということです。
始まるのが、今からとても楽しみでなりません。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ